ご葬儀マニュアル

お葬式の流れ

1.ご逝去・故人様の搬送
医師が死亡を確認したら、死亡診断書が発行されます。
その後、故人様をご自宅や弊社式場へ搬送いたします。※ご自宅でのご逝去の場合は、ご自宅へ対応に伺います。

365日24時間、寝台車でお迎えに伺いますので、ご安心ください。
ご一報をいただきましたら、必要事項を伺い、お迎えに伺う準備をさせていただきます。
故人様の搬送は、看護師の方々による故人様のお体の処置が済んでおり、死亡診断書が発行された後になります。

2.故人様の安置
故人様がご自宅へ戻ってこられたら、ご自宅のお布団へご安置いたします。

事情により、ご自宅に故人様を安置することが出来ない場合、弊社の式場へ直接のご安置が可能です。
(希望式場が他家様でご利用中の場合は、別の式場をご案内いたします)
ご安置後、枕元にお線香などを供えることができるよう、小さな祭壇(枕飾り)をご準備いたします。

3.ご葬儀内容の打ち合わせ
ご安置後、今後の流れについてのお打ち合わせをさせていただきます。

まずはご葬儀の式場や日程、形式(一般葬や家族葬)を決定いたします。
その後、お葬式の内容(葬儀プランや香典返しなどの返礼品、お料理関係の手配など)を、ご遺族様のご要望をうかがいながら、打ち合わせを進めさせていただきます。不明な事柄があれば、遠慮なくご質問ください。

4.ご納棺~式場へ移動(自宅でご安置中の場合)
お旅立ち用の身支度を整え、故人様のお身体を御棺の中に納めます。

式場への移動は、お通夜開式の2~3時間前にさせていただく場合が多いです。
ご自宅でのご納棺が困難な場合は、先に式場へ移動し、式場の控え室にてご納棺させていただきます。

5.お通夜
故人様を式場へとご移動させていただいた後、式場内の確認やスタッフとの打ち合わせを済ませ、定刻よりお通夜を行ないます。

式の流れなどで、分からない点や不安な点などがありましたら、遠慮なくスタッフにお声がけください。
仏式の場合、宗教者の読経中、又は読経後に、ご家族・ご親戚・一般参列者の順で焼香をします。神道の場合は、焼香ではなく玉串の奉奠となります。儀式の流れなどは、事前にアドバイスさせていただきますのでご安心ください。

6.葬儀・告別式
葬儀・告別式を行い、続いて出棺となります。

午後からのご葬儀の場合、午前中にお斎(食事)を召し上がっていただきます。
葬儀・告別式が終わりましたら、故人様は霊柩車、遺族・ご親族様はマイクロバスもしくは乗用車で火葬場へ向かいます。

7.火葬
火葬を行い、ご遺骨を骨壺に納めます。

ご葬儀が午前中だった場合は、火葬待機中にお斎(食事)を召し上がっていただきます。
火葬は1時間30分程度で終わります。

8.繰り上げ初七日法要
火葬後は式場又は自宅にて、日にちを繰り上げての初七日法要を行ないます。

葬儀告別式の日に初七日法要を繰り上げて行う場合がほとんどです。
初七日法要は故人が亡くなった日から七日目に行なう法要ですが、現在では葬儀当日に繰り上げての初七日法要を行なう場合がほとんどです。
初七日後はそのまま解散、もしくは精進落とし(食事)をお召しいただいて終了となります。

上記、『お葬式の流れ』の各項目は、一般的な例を説明させていただいております。
ご葬儀の規模や形式によっては、上記行程に沿わない場合がございます。
予めご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

  • 法要庵
  • 竜胆庵
  • CSR活動