その日の前にお読みください

葬儀

喪主の心がまえ

  • 喪主や遺族は、葬儀・告別式の準備や進行に際して、葬儀社の人に必要に応じて指示を出し、スムーズに進行するように気を配ります。
  • また、喪主は葬儀の席次や弔辞・弔電の順序に配慮し、さらに当日届いた弔電にも必ず目を通し、内容によっては紹介リストに加えるなど臨機応変に対応します。

遺族代表挨拶

  • 出棺に際し、喪主あるいは遺族代表が挨拶を行い、会葬者に対するお礼を述べます。長々と話す必要はありません。自分の言葉で挨拶をしましょう。

火葬

  • 喪主は、火葬場に向かう霊柩車に位牌を持って乗ります(地域によって異なります)。その他の遺族や親族は、後の乗用車やマイクロバスで移動します。車が走り出したら、遺族は会葬者の礼にクルマの中から黙礼で応えます。

骨上げ

  • 火葬が終わると、遺族が竹の箸で遺骨を拾い、箸から箸へと渡して骨壷に治める「骨上げ」(骨揚げ、収骨とも)を行います。
  • 分骨を希望される方は、事前に葬儀社に依頼すれば分骨箱を用意してくれます。

初七日法要・還骨法要

  • 火葬から戻ると、遺骨を迎える「初七日(還骨)法要」を行います。遺族が祭壇で焼香し、葬儀がすべて終わります。
  • その後、僧侶や世話役など、葬儀で世話になった人たちをもてなすために「精進落とし」の席を設けます。
  • また死亡した日から7日目に「初七日法要」を行います。最近は、「初七日法要」と「還骨法要」をあわせて行うことが一般的です。
    最近では、葬儀にひき続き行うことも増えてきています。
表書のマナー

葬儀 お礼

[御布施](おふせ)
仏式/お寺や僧侶へのお礼に用います。枕経、通夜、葬儀、戒名のお礼などにも用います。
[御膳料](おぜんりょう)
仏式/僧侶が飲食の接待を辞退した場合に渡す金包みに用います。「御斎料」(おときりょう)とも。
[志](こころざし・し・しるし)
仏式・神式・キリスト教式/葬儀全般で、お世話になった人への礼金に用います。
[献金](けんきん)
キリスト教式/葬儀、追悼ミサ、記念式など、教会の礼金に用います。
[御席料](おせきりょう)
仏式・神式・キリスト教式/葬儀を自宅以外で行った場合の礼金に用います。
[御食事料](おしょくじりょう)
仏式・神式の「御膳料」と同様に、神官が接待を辞退した場合に渡す金包に用います。
[御祭祀料](おさいしりょう)
神式/神官への礼金に用います。弔事だけでなく、一般的な神事にも用います。
[薄謝](はくしゃ)
キリスト教式/教会のオルガン奏者などへの礼金に用います。目上の人には「御礼」(おれい)を用います。
[御車代](おくるまだい)
仏式・神式・キリスト教式/僧侶・神官・神父・牧師へのお足代として渡す金包に用います。「御足袋料」「御車駕料」とも。
[戒名料](かいみょうりょう)
仏式/戒名を受けた礼金に用います。浄土真宗では「法名料」(ほうみょうりょう)を用います。

その日の前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.