その日の前にお読みください

通夜

焼香

  • 一般的には、祭壇に向かって正面から喪主、遺族、近親者が血縁の濃い順に座ります。焼香の順序に決まりはありませんが、基本的には席次の順に行います。
  • お焼香の方法は、宗派によって異なります。主なものを下にまとめたので、覚えておくといいでしょう。
真宗大谷派(お東) 焼香2回 いただかずに2回つまみ、そのまま香炉に入れます。
浄土真宗本願寺派(お西) 焼香1回 いただかずに1回つまみ、そのまま香炉に入れます。
曹洞宗 焼香2回 1回目はおしいただいて、2回目はそのまま香炉に入れます。
臨済宗   特に決まりはなく、1回だけいただいて香炉に入れても構いません。
浄土宗   特に決まりはなく、仏法僧の三宝にたむける意味で3回でもよいようです。
神莽祭 2拝2拍手1拝 2拝2拍手1拝 音を立てずに拍手(忍手)をします。

挨拶と見送り

  • 通夜での喪主の仕事は弔問客へのお礼なので、遺体の近くで人の出入りが分かりやすい位置に座り、なるべく動かないようにします。
  • 最近では、葬儀に出席せず、通夜だけに参列される方が多いため、焼香後に喪主あるいは親族代表が挨拶を行うことが増えています。
  • 弔問客が帰る時には、「お忙しい中、ありがとうございました」とひとこと添えます。

通夜の後

  • 弔問客が帰った後、喪主・世話役と葬儀社で明日の式次第について打ち合わせを行います。また葬儀のための挨拶の内容を前日のうちに考えておきます。
  • 通夜は、身内がご遺体の近くで夜を明かす儀式ですが、翌日の葬儀を考え、適当な時間に床につきます。ただし、ろうそくや線香を絶やすことがないよう、親族で交代しながら遺体を見守ります。

その日の前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.