その日の前にお読みください

葬儀の前にすべきこと

すべて葬儀社にお任せするという姿勢では、「良い葬儀」を実現することはできません。ここでは、喪家の方々に決めていただかなくてはならないことや、お手伝いいただきたいことなどを紹介します。

喪主・世話役の決定

  • 葬儀の前に、家族を代表して弔問を受ける「喪主」を決めます。家庭の事情などによって異なりますが、家を継ぐ人が努めるのが基本です。一般的には配偶者、子供、父母、兄弟など、血縁の濃い順に選びます。
  • 喪主と同時に、喪主をサポートする「世話役」を決めます。葬儀は多くのものごとを同時に進めなくてはならないので、経験があり、喪家の事情に詳しく、行動力がある人が適任です。
  • 喪主は世話役と葬儀社と事前に打ち合わせをして、どんな葬儀にしたいか、また当日の受付や会計係、進行係、接待係などを決めていきます。

葬儀日程・形式の決定・死亡診断書の提出・火葬許可証の受け取り

  • 葬儀の日程は、喪主と葬儀社、宗教者(僧侶など)が打ち合わせをして決めます。一般的には死亡した日に納棺、翌日に通夜、翌々日に葬儀・告別式を行います。ただし、「死体火葬許可証」が発行されないと日程が確定しないので、注意してください。
  • 「死体火葬許可証」は、病院で受け取った死亡診断書に必要事項を記入し、市区町村役場に提出することで交付してもらえます。
  • 葬儀の形式は、故人が信仰していた宗教に合わせます。日ごろから信仰している寺社などがあれば連絡します。なければ、葬儀社に宗派を伝えて寺社を紹介してもらいます。
  • 式場についてはこちらをご覧ください。

遺影の決定

  • 祭壇に飾る遺影は、自然な笑顔で、できれば故人が生前に気に入っていた写真を使います。最近はカラー写真や集合写真も修整できますから、葬儀社に相談してみましょう。
  • 用意する写真は、最低でも親指の爪程度の大きさがあるとよいでしょう。

死亡通知

  • 知人や親戚への死亡の通知は、電話で行います。一般的には「○○がお世話になっていましたが、今朝(今晩)、息を引き取りました。通夜を○日○時に○○で、葬儀を○日○時に○○で行いますので、取り急ぎご連絡申し上げます」と簡潔に伝えます。
  • 会社で通知する場合は、FAXや新聞広告などで案内します。新聞広告の料金は掲載紙やスペース、地域などで異なりますので、葬儀社に相談するといいでしょう。
  • これらの連絡は、必ず葬儀日時が確定してから行いましょう。

納棺

  • 納棺は、家族全員で行います。
  • 仏式では、白い経帷子(きょうかたびら)を左前に着せ、手足に手甲伽半(てっこうきゃはん)を着け、ずだ袋などを持たせます(宗派によって異なります)。最近は、故人が愛用していた服を着せることもあります。
  • 愛用の小物などを持たせる場合は、金属などの焼けにくい物は避けましょう。

その日の前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.