その日の前にお読みください

ご逝去に際してすべきこと

危篤・臨終

  • 最近の住宅事情や医療事情により、亡くなる方の8割以上の方が病院でご臨終を迎えるといわれます。危篤を宣告されたら、息があるうちに家族や親しい親戚、友人など、会わせたい人に連絡します。
  • 臨終が迫ったら、家族や集まった方が末期の水をとります(病院や宗派によって異なります)。

死亡宣告

  • 医師の死亡確認後、遺体を清めたら、死化粧を施します。基本的に病院側で行いますが、手伝うことが許されるなら、遺族の方も看護師さんの指示に従って手を添えます。
  • 医師から死亡診断書を受け取り、必要事項を記入して市区町村役場に提出します。この手続きを行わないと、火葬に必要な「死体火葬許可証」を交付してもらえません。
  • 死亡届は、多くの自治体で24時間、土日も受け付けてくれます。

病院からの搬送

  • 遺体を自宅などへとお運びする場合、知り合いの葬儀社があれば直接お願いします。なければ病院関係者に紹介してもらいます。しかし、ここで紹介される業者が本当に良い会社であるかどうかは分かりません。依頼する業者は、先に決めておくといいでしょう。このとき、受け取った死亡診断書も一緒に持って行きます。
  • 遺体を自宅にお運びしたら、菩提寺に連絡し、「枕経」(故人のもとで、僧侶に読経してもらうこと)をお願いします。 菩提寺が遠ければ、近くの同宗派のお寺でも構いません。

その日の前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.