参列する前にお読みください

葬儀・告別式に参列するとき(2)

マナー

  • 受付は短い挨拶だけで済ませます(挨拶例:「このたびはご愁傷様でございます」など)。遺族は忙しいので、遺族を見かけても長々と話しかけるのは慎みましょう。
  • 弔辞を依頼されたら、快く引き受けます。弔辞は遺族の手元に残るので、世話役と打ち合わせをしてきちんと原稿を作るのがマナーです。
  • 焼香は宗派によって作法や回数が異なります。また参列者の数によっても回数が変わることがあるため注意しましょう。
  • 僧侶が読経を行っている間は、絶対に席を立ったり歩き回ったりしてはいけません。参列者が多く、椅子に座れなかった場合は、その場で立ったまま合掌します。
  • 焼香の流れは以下の通りです。
    お焼香の方法は宗派によって異なります。下記をご覧ください。 

お焼香の流れ

お焼香の方法宗派名をクリックすると、動画が見れます。

真宗大谷派(お東) 焼香2回 いただかずに2つつまみ、そのまま香炉に入れます。
浄土真宗本願寺派(お西) 焼香1回 1回目はおしいただいて、2回目はそのまま香炉に入れます。
曹洞宗 焼香2回 1回目はおしいただいて、2回目はそのまま香炉に入れます。
臨済宗   特に決まりはなく、1回だけいただいて香炉に入れても構いません。
浄土宗   特に決まりはなく、仏法僧の三宝にたむける意味で3回でもよいようです。
神莽祭 2拝2拍手1拝 音を立てずに拍手(忍手)をします。
真言宗 焼香3回 いただかずに3回つまみ、香炉に入れ、線香を3本を立てます。
天台宗 焼香1回または3回 特に決まりはなく1回だけいただいて香炉に入れても構いません。
日蓮宗 焼香1回または3回 特に決まりはなく1回だけいただいて香炉に入れても構いません。

玉串奉献の作法宗派名をクリックすると、動画が見れます。

  1. ①玉串は根本を右手で、葉のほうを左手で持ちます。
  2. ②玉串を水平に保ちながら、右方向に回します。
  3. ③根本を左手に、葉を右手に持ちかえます。
  4. ④以下の作法は、宗派別に分かれますので下記をご参照ください。
天理教 二礼、四拍手、一礼、四拍手、一礼した後、軽く音を立てて手を打ちます。
神式 二礼、ニ拍手、一礼した後、拍手は忍び手(音を立てずに手を打つ)です。

献花の作法宗派名をクリックすると、動画が見れます。

キリスト教
  1. ①花が右手にくるように受けます。
  2. ②花を右方向に90度回転させます。
  3. ③花を手前に、茎側を先にしてテーブル(献花台)に捧げ、一礼します。

出棺に際して

  • 出棺に際しては、コートやショール、帽子、手袋などを外します。動き出す霊柩車に合掌して頭を下げ、心の中で最後のお別れの挨拶をしながら見送ります。
  • 出棺の後は、できるだけ静かにその場を立ち去ります。

精進落としに際して

  • 精進落としのお誘いを受けたら、遠慮せずに参加するのがマナーです。
  • 食べ過ぎたり飲みすぎたりしないよう、静かに故人の思い出を遺族に語ってあげるといいでしょう。

参列する前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.