参列する前にお読みください

通夜に参列するとき

通夜の意味と流れ

  • 本来、通夜とは遺族や近親者、ごく親しい友人だけが夜通し故人に付き添って別れを惜しむためのものでした(仮通夜)。しかし近年、葬儀に参列できない人のために、友人・知人の弔問を受ける通夜(本通夜)も増えています。

服装について

  • 通夜の場合、急いで駆けつけたという意味をこめ、喪服でなくても構いません。しかし、あまり派手な服装は控えるのがマナーです。
  • 葬儀に参列せず、通夜だけに参列する場合は喪服を着用します。

香典について

  • 通夜だけに参列するときは、通夜に香典を持っていきます。両方に参列するときは、通夜では持っていく必要はありません。
  • 包むお札は、できるだけ使い古したものを使用します。
  • 香典はむき出しにせず、袱紗(ふくさ)に包んで持ち、受付で袱紗から出して「形ばかりのものですが、ご霊前にお供えください」といって渡します。受付がなければ、祭壇に供えます。
  • 金額は、故人との生前の関係、喪家の格式や葬儀の規模、弔問客の社会的地位などによっても変わります。
香典額の目安
  • 両親の場合:5~10万円
  • 祖父母・叔父・叔母の場合:1万円
  • 兄弟姉妹の場合:3~5万円
  • それ以外の方の場合:5000円~1万円
表書のマナー

葬儀 お悔やみ

[御霊前](ごれいぜん)
仏式・神式・キリスト教式/霊前に金品を供えるときに用います。
[御靈前](ごれいぜん)
仏式・神式・キリスト教式/「御霊前」の旧字体。威儀を正す意味で旧字体を用います。
[御香典](ごこうでん・おこうでん)
仏式/死者の霊前に香の代わりに供える金包に用います。
[御香奠](ごこうでん・おこうでん)
仏式/「御香典」と同じ。正式にはこちらの文字を用います。
[御玉串料](おんたまぐしりょう)
神式/死者の霊前に捧げる金包の他、一般神事でも用います。
[御花料](おはなりょう)
キリスト教式/キリスト教の金包みで、一般的に用います。「御花環料」「御白花料」「弔問料」とも。

マナー

  • 通夜は席次が決まっていないことが多いため、先に入った人から奥に座ります。しかし弔問者に自分より年配の方が多い場合や、故人との関係があまり深くない場合などは、末席(祭壇から遠い方)に座ります。
    スタッフ・係員の指示に従いましょう。
  • 遺族は忙しく、またすべての弔問客に接しなくてはならないため、遺族に話しかけるときは簡潔に。間違っても死因を詮索してはいけません。

参列する前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.