参列する前にお読みください

死亡の連絡を受けたとき

故人が近親者の場合

  • すぐに駆けつけます。喪服である必要はありません。故人のもとに着いたら遺族にお悔やみを述べ、遺族のお手伝いを申し出ます。
  • 男性は受付係や式場の準備、女性は台所仕事や弔問客の接待などを引き受けます。
  • もし「密葬」と言われたら、これは遺族や親戚だけで行う葬儀なので、弔問も弔電も控えます。

故人が友人・知人の場合

  • 故人と特に親しい友人の場合は、すぐに駆けつけます。こちらも平服で構いません。人手が足りないようなら手伝いを申し出ます。
  • それほど親しくない知人の場合は、通夜か葬儀のどちらかに参列します。
  • 遺体の枕元に案内されたら、線香をあげて拝礼し、遺族にお悔やみの言葉を述べ、通夜か葬儀に伺うことを述べて辞去します。長居は禁物です。

故人が近隣者の場合

  • 親しい方の場合はすぐに駆けつけ、お手伝いなどを申し出ます。また、葬儀の進行などには立ち入らないようにします。
  • 特に親しくない方の場合は、とりあえず玄関先でお悔やみを述べ、後日、通夜か葬儀に参列します。

故人が仕事関係者の場合

  • 故人が同じ会社または取引先の方であった場合、一人だけ先に弔問することは慎み、総務などの担当部署の方針に従います。

すぐに弔問できない場合はどうするか

  • さまざまな事由でどうしても弔問できない場合は、代理人を立てます。代理人は、弔問をする人の配偶者や長男・長女などの家族が相応です。
  • 代理人になったら、喪家でお悔やみの言葉とともに、代理の理由を簡単に述べます。
  • 代理人を立てない場合は、まず弔電を打ちます。その後、香典を不祝儀袋に入れて現金書留で郵送します。
弔電の打ち方

インターネットには、さまざまな弔電の文例がありますので、上手にアレンジするのも良い方法です。
その場合、忌み言葉(※「かさねがさね」「ますます」などの繰り返しや、「迷う」「浮かばれない」など)に注意しましょう。

※忌み言葉は、宗教によって異なります。

儀礼品(供花・供物)について

  • 葬儀に際し、遺族・親族や友人・会社関係など、全ての方がお供えに送る生花のことを「供花」(きょうか)といいます。
  • 供花の注文は、ご葬儀を担当する葬儀社にお願いするのが一般的です。注文も、できればお通夜・ご葬儀の前、遅くとも開式の5時間前までに手配するといいでしょう。
  • もし訃報を人づてに聞き、葬儀社が分からない場合は、教えてもらった会場に直接問い合わせて葬儀社と連絡先を教えてもらいます。喪家に直接電話することは絶対に避けましょう。
  • 供花を依頼するとき、精算方法についても確認しておきましょう。一般的には参列時に葬儀社に直接支払います。

その他、のうひ葬祭でも供花・供物のご依頼に対応しております。

ご依頼・ご相談はこちらからお問い合わせください。

  • 儀礼品のお申込みページへ

参列する前にお読みください

お電話でのお問い合わせ

ホールのご案内
のうひグリーンホール 前平
のうひグリーンホール 山手
のうひグリーンホール 西可児
のうひグリーンホール 今渡
のうひグリーンホール 東可児
のうひグリーンホール 八百津
Copyright(c)nouhi, Inc. All Rights Reserved.