精進落としの終わりのあいさつの例文

まだまだ皆様のお話などを承りたく存じますが、そろそろお時間となりましたので、
本日はこれにてお開きにしたいと存じます。
(     )がいなくて寂しくなりましたが、残りました家族一同助けあってやってまいりたいと存じます。
どうか今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。
本日は、どうもありがとうございました。